ドライフードとウェットフードの違い

キャットフードと一言にいっても、様々な種類があります。
あなたはどのタイプが良いと思いますか?
たくさんあって迷ってしまいますよね。
キャットフードの種類の違い、そして、猫にとってどのタイプがベストなのかご紹介します。

 

ドライフード

犬用のドッグフードでもそうですが、いわゆる「カリカリ」と呼ばれるキャットフードが、ドライフードです。
水分量は10%以下。
水分を含まない分栄養をぎゅっと凝縮でき、さらに日持ちもします。
カリカリと噛み応えもあるので、歯垢になりにくく、虫歯予防にも期待できるタイプです。

 

ウェットフード

肉や魚がジューシーな状態のキャットフードが、ウェットタイプのフードです。
猫もある程度水分を摂らないといけません。
ただ、人間のように好きなときに水が飲めるという環境でない場合が多いので、できるだけ食事のときに水分もきちんと摂れるように工夫が必要なのです。
そんな水分をきちんと摂らせたいときには、ウェットフードが重宝します。
さらに、食欲が落ちている猫にも、食いつきを良くさせる効果が期待できるのです。

 

ドライフードとウェットフードどちらが猫には良いの?

カリカリとしたドライフードに、ジューシーなウェットフード。
両方ともメリット、デメリットがあります。
ドライフードは日持ちし、歯石予防に一役買ってくれるタイプ。
一方、ウェットフードは水分を食事のときにきちんと摂ることができ、食欲のない猫の食いつきを良くさせてくれます。
ただ、ウェットフードを買うときに注意したいのが、添加物。
ドライフードに比べ、ウェットフードの方が添加物を含むものが多いのです。

 

 

添加物は猫の健康を脅かす物質。
出来るだけ避けたいものです。
現に添加物を一切含まない無添加ドッグフードの多くは、ドライフード。
水分を摂らせたい場合はドライフードに鶏肉のゆで汁を加えても対処する方法もあります。
どちらが良いということはありませんが、添加物まみれのフードだけは避けるようにしましょう。