肉の副産物・魚の副産物とは?

キャットフードの裏のある、原料表を見たことはありますか?
多くのキャットフードに「肉の副産物」や「魚の副産物」といった文字が書いてあるはずです。
この肉や魚の「副産物」って、なんだかわかりますか?
この副産物の正体、衝撃のものだったんです!!

 

肉の副産物、魚の副産物の正体

私たち人間が普段食べている肉や魚。
いわゆる身の部分は、原料表で「肉」や「魚」と表記されます。
では「副産物」とつく場合とどう違うのでしょうか。
副産物とは、肉の身意外の部分。
つまり、内臓などの部分です。
しかも副産物の場合、内臓、そしてその内容物とまであり、衛生的とは言い難いものが使われている可能性があります。
さらに、良質な内臓であれば良いのですが、実際は病気や事故などで死んでしまった動物を使っている可能性もあり、健康面でも不安の残る原料なのです。

 

肉、魚の副産物と添加物

肉や魚の副産物は、所詮副産物です。
身の部分ではないのです。
しかし、猫だって食べたいのは副産物の方ではなく、身の方。
ですから、キャットフードメーカーにとってみれば、身の部分より安い副産物を、いかに身に近づけるかがカギになるわけです。
そこで使われるのが、添加物。
肉や魚の良い匂いをつけたり、つや出したり、肉や魚らしい色づけをしたりするのです。
素材の栄養素を味わう、ということはまったくなく、「らしいもの」でしかないのです。

 

 

一見すると、副産物が原料に含まれていても、美味しそうなものが多くあります。
しかし、食べるべきフードではありません。
安全性が保証されていない副産物は愛猫には食べさせたくないですよね。
そこで、良い指針になるのが「無添加」というキーワードです。
添加物を使わなくても猫に必要な栄養素バランスは調整できている無添加キャットフードこそ、安心して食べさせられるフードなのです。