酸化防止剤の成分を確認する

皆さんは、愛する猫のために選ぶキャットフード、どんな基準で選ばれていますか?
パッケージのデザインがおしゃれだから?
それとも、美味しそうなフードだから?
まず、目を向けて欲しいのは、成分表です。
このキャットフードにはどんな物質が含まれているのかを確認して欲しいのです。
この成分表に、こんな添加物が表記されていたら、要注意ですよ!!

 

キャットフードに含まれる酸化防止剤

フードを日持ちさせるには、酸素に触れて酸化し、腐るのを防ぐものが必要です。
この役割を担っているのが、酸化防止剤。保存料のひとつです。

 

酸化防止剤が含まれているフードは日持ちするので、大量に割安で購入が可能。
経済的にはとても助かるんですよね。
でも、どんな酸化防止剤を使ってるか、確認したことはありますか?
酸化防止剤には、猫の健康を脅かす物質も多く存在するのです。

 

要注意な酸化防止剤

よく知られているのが、「エトキシキン」という酸化防止剤です。
発がん性があるといわれている物質で、日本では人間が口にすることを禁止している添加物です。
さらに、BHA。
ガソリンの酸化防止剤として作られた添加物なのですが、キャットフードの多くに含まれています。
ガソリン用に開発された物質です。
猫の体に良い訳がありません。
やはり、BHAも発がん性が疑われていて、健康に良いとは言いがたい添加物です。

 

 

 

こうした酸化防止剤、発がんの疑いというだけでガンになった例はないとする説もあるのですが、健康に良いものとは言い難いのは事実です。
ですから、猫の健康のことを考えるのであれば、酸化防止剤を含まない、無添加のキャットフードを選ばれることをおすすめします。
発がん性が疑われるような添加物が含まれませんから、安心・安全。
毎日の猫の食事にもってこいなのです。