猫に与えてはいけない食べ物とは?

キャットフードの多くには、添加物が含まれています。
その添加物には発がん性が疑われるものも多く、健康的とは言えません。
ならば、添加物を含まない、手作りご飯を食べさせてあげよう!と言うことでご飯作りをはじめると、気になるのが、「猫に与えてはいけない食べ物」です。
猫はどんな食べ物を食べてはいけないのでしょうか?

 

ネギ類

犬もそうですが、猫でもネギ類を与えるのはNG。
血液中の赤血球を壊してしまい、貧血になってしまうのです。
加熱してもこうした中毒性はなくならないので、要注意です。

 

生のイカ

猫が生のイカを食べてしまうと、ビタミンB1欠乏症という、神経がおかしくなる病気になってしまいます。
昔から「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言われているそうですが、これは本当だったんですね。
ちなみに、生のイカ出なくてもスルメイカをたくさん食べさせることも良くありません。
嘔吐や下痢の原因になってしまいます。

 

生の豚肉

豚肉はビタミンB群が豊富。
動物性タンパク質で猫の体に良さそうですが、生で食べさせることは避けた方がよいようです。
これは人間と同じで、人獣感染症の一種トキソプラズマ症の原虫が生の場合残っていることがあるので、必ず良く火を通してから与えるようにしましょう。

 

チョコレート

このチョコレートも犬と同じで、猫も与えてはいけない食材。
心臓や中枢神経を刺激してしまうのです。
人間には少しの量であっても、体の小さい猫には過剰な量になってしまいます。
注意しましょう。

 

コーヒー、お茶

コーヒーやお茶に含まれるカフェインも、猫にとっては刺激の強いものになってしまいます。
人間にとっては健康に良いものなのですが、猫には与えないようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?
やはり、人間と猫の体の構造は違いますから、食べられるものもかなり違いますよね。
こうしたNG食材を確認しながら手作りキャットフードを与える、ということも素敵ですが、無添加キャットフードであれば、猫に必要な栄養素がバランス良く含まれていて、毎日の食事にとても便利です。
しかも、体に危険な添加物も含まれないので安心。
是非試されてみてください。