グレインフリーのキャットフードって何?

猫が本当に必要としている栄養素ってなんだかわかりますか?
そもそも猫は肉食動物。
ライオンやトラをみればイメージ湧きますよね。
ですから、猫は肉や魚などの動物性タンパク質が一番適した栄養素なんです。
猫というと「魚」のイメージですが、それは日本が島国で動物性タンパク源となるのが魚しかなかったので魚を食べるようになったのだとか。
そんな猫の食事、キャットフードによく表記されている「グレインフリー」というキーワードを紐解いていきます。

 

グレインフリーとは?

一般的なキャットフードには、トウモロコシや小麦などの穀物が含まれています。
でも、猫にとってみれば穀物は消化吸収しにくい食物。あまり含まれないキャットフードが好ましいと言われています。
しかし、単価が安くかさ増しにもってこいの穀物は、キャットフードには欠かせない食材となっているのです。
しかし、猫の体のことを思ったら穀物が含まれないキャットフードが良いですよね。
そんな穀物を含まないキャットフードのことを「グレインフリーのキャットフード」と呼ぶんです。
グレインは穀物のこと。穀物を含まないということを謳ったキャットフードのことだったんですね。

 

どんなキャットフードがグレインフリーなのか?

ホームセンターなどで、ペットフード売り場を見回してみても、「グレインフリー」のキャットフードはほとんど見つかりません。
それほど穀物が含まれるキャットフードは多いのです。
実際、穀物を食べたからといって体に毒になるわけではないので、使用するのもわかりますが、やはりいつまでも元気でいて欲しいので猫の食事にもこだわりますよね。
そんなときは、「無添加キャットフード」を探してみてください。無添加キャットフードの主原料は動物性タンパク質。
「グレインフリー」のものがほとんどなので、探す目印になるはずです。

 

 

無添加キャットフードであれば、猫にとって毒となる添加物も含みません。
主原料が動物性タンパク質のグレインフリーなので、猫の毛ツヤもどんどん美しく、元気に活発になっていくはずです。