猫のエサ皿の種類と選び方

1日2回の食事。
気まぐれで自由な猫だって、食べることは大好きです。
そんな猫のご飯、どんな器で食べさせていますか?
昨今は、空前の猫ブーム。猫のご飯容器も様々なものが出ています。
でも、猫のご飯容器選びには、いくつか気をつけてあげると良いポイントがあるんです。
猫がご飯をきれいに食べられる容器とは?
また、清潔な状態を保てる容器の特徴は?
猫にも飼い主にも嬉しいご飯容器の選ぶポイントをまとめました。

大きさ

猫のご飯容器、小さいものから大きなものまで様々な形状があります。
けれど、猫にとってベストなのは、大きめの容器。
なぜなら、猫は容器の中に顔を突っ込んでご飯を食べます。
容器が小さいと、ヒゲが引っかかってしまったり、フードが容器からこぼれてしまったりしてしまうのです。
ですから、猫の顔がすっぽりと入り、なおかつ少し余裕があるくらい大きめの方が猫も食べやすいと思います。

素材

ペット用品売り場には、ステンレス製のものから陶器のもの、プラスチックのものまで、様々な素材の猫ご飯容器が並んでいます。
それを買おうか迷ってしまいますよね。
オススメなのは、陶器のものかステンレスのもの。
この2種類の素材は「汚れにくい」という特徴があるのです。
やはり、猫の食器は清潔かどうかが重要。
健康維持にも、食器の衛生管理が不可欠です。
ただ、ステンレス製のものは金属の匂いが気になるかもしれません。
陶器のものは割れやすいという欠点が。
猫の様子や飼い主の生活スタイルによって選ぶことをオススメします。

 

 

猫のご飯容器で一番大切なのは、食べやすさと清潔さを保てるかどうかです。汚い食器では食べたくないですよね。
猫だって同じ気持ちです。
さらに、猫の健康管理に努めたい方には、無添加キャットフードがおすすめ。
ドライフードなので食器も汚れにくく、猫に必要な栄養素がバランス良く配合されています。
さらに、体に毒となる添加物を一切含まないので、毎日の食事にもってこいなのです。