猫がエサを吐く原因と対策

ご飯をもりもり食べ、元気に遊び回っていた猫が突然、エサを吐きだしてしまった。
こんな事態に遭遇してしまったら、どんな飼い主でも心配になってしまいますよね。
どこか悪いところがあるのかしら?色々考えを巡らせてしまいます。
獣医さんに診てもらっても、特に異常なし。
じゃあ、なんでエサを吐き出してしまったの?
そんな心配にかられる飼い主に朗報です。
猫は健康な状態でもエサを吐き出してしまう場合があるんです。

早食いしてしまったとき

人間でもそうですが、たくさんの量の食事を一気にかき込んでしまうと、消化が追いつかなくなってしまい胸焼けを起こしたり、胃もたれ、ひどいときには吐き戻してしまうときがありますよね。
猫もこうしたときに、エサを吐いてしまうと考えられています。

キャットフードをのどに詰まらせたとき

キャットフードも様々な種類があり、それぞれ形も異なります。
猫も食べることにおいては目がありませんから、急いでエサをかき込んでしまうのでしょう。
良く噛まずに飲み込み、つっかかってしまうときがあるようです。

キャットフードに添加物が含まれるとき

猫によっては、キャットフードに含まれる保存料や着色料などの添加物を体が拒否し、エサを吐き出してしまう場合があります。
これは一種の防衛本能
反射的に体に毒となる物質の消化吸収を避け、体外に排出する作用が働くのです。

 

健康なのにエサを吐き出してしまうときは、エサを少しふやかして食べやすいようにしておくと良いかもしれません。
そして大切なことが、添加物を含まないキャットフードに変えること。
無添加キャットフード」であれば、体に毒となる添加物を含まないだけでなく、猫が必要とする動物性タンパク質が主原料、消化吸収しやすいという特徴もあるのです。