健康に悪い危険なおやつ

CMでも盛んに流れている、猫のおやつ。
猫もうっとりとした表情で、美味しそうに食べている姿が流れていますよね。
そんなに美味しいのなら、と思わず手に取られた方も少なくないのではないでしょうか。
でも、ちょっと待ってください。
そのおやつ、本当に安全ですか?

 

素材をごまかしたおやつ

犬のおやつというと、骨のような形をしたものが多いですよね。
でも猫のおやつは、どろどろのものが多いようです。
猫は犬のように噛みグセがないので固いものをあえて好まないのだと言われています。

 

でも、このどろどろのおやつこそ、危険が潜んでいるのです。
どんな食材でもミンチ状にしてしまえばわかりません。
おやつの中には、死んだ動物の内臓や内容物、つまり尿や便などが含まれている可能性があるのです。
そうした得体の知れない食材を、添加物を使っておいしそうに演出しているに過ぎないのです。

 

おやつの原料を吟味すべき

飼い主としては、かわいい猫に添加物まみれで、どんな素材が入っているかわからないものを食べさせられませんよね。
猫にあげるおやつで気をつけたいのは、原料が明確であること。
たとえば、鶏肉、であるとか、マグロであるとか、何の生き物の肉が使われているのが一目でわかるものを選ぶべきです。

 

 

猫用のおやつ、様々なものが出ていますがオススメしたいのは、無添加キャットフードを少量あげること。
小粒状になっているものがほとんどですから、一粒二粒と少しずつあげると、猫も大喜びのはず。
わざわざおやつになっているものでなくても、猫にとっては同じ。
添加物が含まれておらず、原料が明確な無添加キャットフードであれば安全です。
人間も食事の合間に小腹がすくことがありますが、猫も同じ。
小腹をうめるためのものも、安心、安全なものを選びたいですよね。