添加物入りキャットフードの危険性

飼い主にとって、キャットフードの日持ちがしたり、美味しそうなつやがあったり香りがついていることが、必ずしも悪いこととは感じられませんよね。

 

しかし、「便利」であることを実現しているのは、猫の健康にとってはとても危険な物質。
添加物はそんな物質なんです。
では、キャットフードに含まれる添加物は、どのくらい危険なのでしょうか?

 

人間用の添加物より危険なペット用の添加物

人間の食べ物でも、添加物が含まれているものは体に悪いと言われています。
不規則な生活を送る現代人には、保存の利く食べ物はとても便利なのですが、やはり健康的とは言えないようです。

 

これは、キャットフードでも同じ。

 

しかも、キャットフードの場合、人間が口にするものよりも遙かに危険な添加物が含まれている可能性が高いのです。
キャットフードに多く含まれる添加物に、保存料であるエトキシキンがあります。
このエトキシキンは酸化防止剤として使われるのですが、なんともともとはゴムの生産に使うためのものだったのです。
安価で、ビタミンEよりも抗酸化効果があるといわれる物質なのですが、いまだに日本では、人間の口に入れる添加物としては認められていません。
そんな危険な物質が、キャットフードにはごく当たり前のように含まれているのです。

 

添加物が生命を危険にさらす!?

添加物は保存料だけではありません。
美味しそうに見せるための着色料やつやを出す物質も含まれています。
そんな添加物の中には発がん性があるといわれる物質まで。
亜硝酸ナトリウムは、赤身の肉を美味しそうな赤色に着色する添加物。

 

この物質は、食べると胃の中で化学反応を起こしてしまい、発がん性の強い物質へと代わってしまうのです。
さらに、つや出しなどで使われる、ブチルヒドロキシアニソールという物質もガンを誘発する作用があることがわかっています。

 

 

添加物が含まれるキャットフードは、安価で経済的にはとても優しいフード。
その代わり、猫の健康を蝕む物質がたくさん含まれてしまっているのです。
愛する猫のことを思うなら、危険な添加物を含まない、無添加のキャットフードを選ばれることをおすすめします。