年老いた猫におすすめのキャットフード

人間でも年齢とともに脂っこいもの、消化に悪いものを受け付けなくなりますよね。
これは、消化機能が徐々に衰えてきているからなんです。

 

こうした「老化現象」は、猫にも現れます。
猫も年齢に合わせて、食べるものの質を考えてあげるべきなのです。
では、年老いた猫は、どのようなキャットフードが理想的なのでしょうか。

 

消化機能が弱まった老猫には消化の良いものを

猫はそもそも肉食動物。
ライオンやトラが肉食であるのと同じです。
ですから、植物性のものよりも、肉や魚といった動物性のものの方が消化しやすい体の構造になっているのです。

 

しかも、消化しやすいのは、脂肪分よりもタンパク質。
消化機能が衰えてきている老猫には、脂肪分があまり含まれない、高タンパクな動物性の素材のものが理想的なのです。

 

老猫にこそ無添加キャットフード

体に毒となる添加物。
この添加物を一切含まない「無添加キャットフード」は、主原料が動物性タンパク質。
つまり、猫にとって消化吸収しやすい素材で作られているのです。

 

この無添加キャットフードを、少量のお湯でふやかせば、噛む力が弱まった猫も食べやすく、さらに消化を良くしてくれます。
消化機能が弱まっている老猫にこそ、こうした質の良いキャットフードを食べさせるべきなのです。

 

 

いつものキャットフードの食いつきが悪くなった。これは、消化不良を起こしているのかもしれません。
もう少し軽い、消化しやすいものがいいな、というサインかも。
そうなったら、是非、無添加キャットフードを選ばれてみてください。
無添加キャットフードは猫に必要な栄養バランスをそろえた万能食。

 

さらに、メーカーによっては、老猫用のフードも出しています。
キャットフードも年齢に合わせて選んであげたいですね。