無添加フードと手作りフードはどっちが安全?

健康のために、私たちがまず心がけること。
それは運動でしょうか?規則正しい生活?
毎日の食事も大きいですよね。
食事は猫にとってもとても大切なもの。
質の良い食事は、健康である必要最低条件です。
では猫にとって健康的な食事とは、どのようなものなのでしょうか?

 

猫に必要な食事

猫の仲間である動物と言えば、ライオンにトラなど。どの動物も肉食動物です。
お魚好きという印象が強い猫ですが、実は肉食動物。
「肉」を主食にしてきたそうです。
ですから、猫が必要とするのは「動物性タンパク質」。
魚でも大丈夫ですが、肉もバランス良く与えた方が良いと言われています。
ですが、一般的キャットフードには肉の代替品が使われていることが多いので、あまり健康的とは言えない食事。
もっと質の良いタンパク源を摂るべきなのです。

 

理想は手作りキャットフード

愛猫のご飯に、人間のご飯の時と同じように時間も手間もかけられる方には、是非、手作りのキャットフードに挑戦していただきたいと思います。
なぜなら、味付けに食べさせる食材すべて、飼い主で調整出来るからです。
さらに、できたては猫にとってもご馳走。
飼い主と猫の絆を深める、とても良いツールになるはずです。
ただ、忙しいビジネスマンなどにとって、毎日手作りの食事を与えることはかなりの負担になってしまいます。
そこで、無添加キャットフードの出番です。厳選した食材に、猫が必要とする栄養がバランス良く配合されているので、そのまま器に入れればOK。
手軽に質の良い食事を食べさせることが出来るのです。

 

 

 

手作りキャットフードと無添加キャットフード、どちらが安全かというと、実は無添加キャットフード。
スーパーで売られている肉や野菜が、必ずしも無農薬とは限りません。
無農薬を選んだとしても、高くついてしまいます。
こだわりの手作りキャットフードもたまには良いと思いますが、普段は無添加キャットフードで十分。
理想的な食事を与えることが出来るのです。