猫の体臭・口臭の原因は食べ物にあった!

かわいい愛猫を抱っこ。顔をくっつけて可愛がる。・・・と、なんかうちの猫臭う?
なんて経験ありませんか?
猫はきれい好きで、自分で毛繕いをし、身なりを整えます。
ですから、獣臭のようなものがあまりしないんです。
でも、猫からぷーんと臭ってきたら、ちょっと不調を疑った方が良いかもしれません。猫を元気にするには、やはり食事が基本。
猫にとって必要なキャットフードを食べさせる必要があるんです。

 

猫の体臭が気になる

毛繕いを怠けたりして元気がなかったら、まずは食べ物を疑いましょう。
ちゃんと栄養が摂れていない可能性があります。
まずは、キャットフードの原料を確認してみてください。主原料が「植物性タンパク質」と書かれていたら要注意!猫は肉食動物なので、本来は「動物性タンパク質」を摂るべきなんです。
植物性のものは消化しにくいので、体の中に老廃物を溜め込み、これが体臭の原因に。
さらに、老廃物が溜まると、体が重く感じられ、倦怠感を感じるようになるのです。
愛猫の体臭が気になり始めたら、まずはキャットフードの質を見直してみましょう。

 

口臭まで気になったら、要注意!

人間でも消化不良を起こすと胃がもたれたりしますよね。猫でも同じことが起こっているんです。
この消化不良の原因は、「植物性タンパク質」。
胃もたれを起こすと口臭もきつくなりますから、猫のお口の臭いが気になったら体臭の時と同様にキャットフードを見直しましょう。

 

 

 

この猫の体臭と口臭、なんとかならないの?そんな方におすすめなのが、「無添加キャットフード」です。
無添加キャットフードの主原料は、動物性タンパク質。
猫に必要な栄養素がバランス良く配合されているのです。
さらに、消化吸収もよいので、胃もたれをおこしたり、体内に老廃物が溜まるようなこともありません。
愛猫がどんどん輝きを取り戻し、元気になっていくはずです。
臭いの悩みも、コレで解決!