無添加キャットフードとは?

ペットが人間の子どもの数よりも多いという現代。
ペットの食事に関しても、質の良いものを、という飼い主が増えてきています。
ペットにとって質の良い食事とは、どのようなものなのでしょうか?

 

そんな食事のキーワードになるのは「無添加」という言葉です。

 

無添加とは、添加物を含まないフードのこと。
では、無添加のキャットフードがなぜペットにとって良いフードなのでしょうか?

 

一般的なキャットフードに含まれる添加物

通常、キャットフードには「添加物」という、保存が出来るようにしたり、美味しそうにつや出しや香りを強める化学物質が含まれています。
この添加物、長持ちもして、猫の食いつきも良くなるものなので、一見すると悪いものには思えないのですが、健康のことを考えると、とても危険な物質なんです。
キャットフードに含まれる保存料は、エトキシンという農薬としても使用が禁止されているほど毒性の強いもの。
さらに、BHDBHTという、発がん性のある保存料も含まれてることがあります。
こんな危険な物質、かわいい愛猫に食べさせるわけにはいきませんよね。

 

無添加キャットフードの特徴

無添加キャットフードは危険な添加物を含まないというだけでなく、もう一つ猫の健康に欠かせない特徴があるのです。
それは、主原料。
一般的なキャットフードでは、肉の副産物や穀物が主原料。
肉の副産物は、人間が食べない動物の部位、骨や内臓、質の悪いものでは糞尿まで含まれているものもあるそうです。
さらに、動物と言っても健康体の動物ではなくすでに死んで腐敗が始まった動物の可能性もあります。
そんな、安心・安全からかけ離れたものが主原料では、猫の健康も維持できません。

 

 

 

無添加キャットフードの主原料は、猫にとって消化吸収のよい、動物性タンパク質が使われています。
原料費自体が高くつきますから、価格もお高めになりますが、愛猫の体のことを思ったら、お金にはかえがたいものがあるのではないでしょうか。
ぜひ、無添加キャットフードで愛猫の健康を守ってあげてください。