脂肪細胞に繁殖する「肥満細胞腫」

がんは人間にとっても猫にとっても、とても恐ろしい病気です。
そして、がんには様々な種類があり、様々な臓器で起こりえるのです。
今回まとめたのは「肥満細胞腫」。
脂肪細胞という、体内の脂肪の部分にある細胞の繁殖が暴走して発症するがんです。

肥満細胞腫の症状

肥満細胞腫には二種類あります。
一つ目は「皮膚型」。皮膚にぽつんと小さなしこりができるのです。
そして、もう一つは「内蔵型」。
脾臓や肝臓、小腸といった気管に発症することが多いようです。
いずれにせよ、脂肪細胞の暴走が原因の肥満細胞腫。症状としては、まず嘔吐や下痢がみられます。
悪化するにつれて症状も深刻になり、食欲不振、体重の減少など、憔悴していってしまうのです。
さらに、内臓型の場合、やせこけているのに、お腹がぽっこりしているなど、不自然な体型になってきます。

肥満細胞腫の対処法

嘔吐や下痢など、異常に気づいたら、とにかく動物病院に連れて行き、獣医の専門的な診断を仰いでください。
肥満細胞腫の治療法として考えられるのは、患部を切除する手術と、抗がん剤による治療です。
いずれにしろ生命に関わる重要な治療になりますから、早期発見することが大切になってきます。
ただ、皮膚型の場合は早めの治療で自然完治する場合もあるそうです。
日頃から愛猫の状態を把握しておくようにしましょう。

 

病気は完全に防げるものではありません。
病気にかかりやすい猫もいれば、かかりにくい猫もいますが、かかってしまったら飼い主として最善を尽くすことが大切です。
肥満細胞腫の場合、発症した場所によって、治療法や完治するかどうかも変わってきますから、愛猫に異常はないか、体調が悪そうでないかなど、普段から目をかけてあげることで、早期発見に結びつくことと思います。

関連ページ

老化とともに口の中も要注意!老猫の歯周病
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
猫は注意したい病気「尿結石」
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
猫だって「便秘」に・・・症状とその対処法
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
メス猫は要注意!「乳腺腫瘍」
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
白猫は特に気をつけないと??要注意の「扁平上皮がん」
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!