白猫は特に気をつけないと??要注意の「扁平上皮がん」

人間にとってがんはもっとも怖い病気のひとつ。これは猫にとっても同じことです。
ただ、猫の種類によって、かかりやすいがんがあるのも事実。
被毛の色によってもかかりやすさが違うなど、猫の種類も病気のかかりやすさとは切っても切れない関係なのです。
今回まとめたのは、白猫がかかりやすいとされる「扁平上皮がん」についてです。

扁平上皮がんの症状

扁平上皮がんは、皮膚や口の中で引き起こされるがんです。
白い毛が生えている部分の皮膚は薄いことが多いようで、こうした部分に起こりやすいのが扁平上皮がんなのです。
このがんが発症すると、皮膚には皮膚炎のような症状が現れ、傷口には分厚いかさぶたが出来るのが特徴です。
かさぶた程度で済めば良いのですが、この病気の怖いところは、どんどん悪化すると浸食した皮膚の部分が脱落してしまうのです。
このがんですが、皮膚だけに起こるわけではなく、口の中や目、気管にも発症する可能性があるのです。
こうした部分に発症してしまったら、餌が食べられない、呼吸困難に陥るなど、猫が苦しんでしまいます。

扁平上皮がんの対処法

扁平上皮がんのリスクを減らすためには、紫外線を避けることが有効と言われています。
白い猫は紫外線への影響を受けやすいのだそう。日向ぼっこは気持ちが良いですが、ほどほどにさせたほうが良いようです。
また、扁平上皮がんにかかってしまったら、外科手術を行うことが多いようです。
発症部分の皮膚などをできるだけ切除するのです。他に、抗がん剤治療なども行われます。

 

皮膚が脱落してしまうがん。かかってしまったら猫も辛いですし、飼い主も辛いですよね。
できる限りの予防策を講じたり、かかってしまったら一刻も早く動物病院で獣医の診察を受けてください。
がんはとても恐ろしい病気。一刻を争います。飼い主としてできる限りのことをしてあげてくださいね。

 

↓↓↓↓↓↓↓

>>安心・安全なキャットフードを知りたい方はこちら<<

関連ページ

老化とともに口の中も要注意!老猫の歯周病
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
猫は注意したい病気「尿結石」
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
猫だって「便秘」に・・・症状とその対処法
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!
メス猫は要注意!「乳腺腫瘍」
どんなキャットフードを選んだらいいのか迷っている飼い主さんに安心安全な無添加キャットフードをランキング形式でご紹介。 キャットフードに関する疑問なども合わせて紹介中!キャットフード選びの際の参考にしてみてください!